nekonoongaeshi’s diary

鉄印の旅と植物と保護猫と。田舎暮らしの日々を綴っています

「起し太鼓」と時代絵巻

それでは古川祭*夜の部です。

中で太鼓を叩く、担ぎ棒が付けられているなどの特徴がある、山車から派生した「太鼓台」は関西や四国などの西日本エリアで多くみられるんですって。

前回では古川祭の夜祭を「起こし太鼓」と書きましたが、正しくは「起し太鼓」だそうです。これは国指定重要無形民俗文化財ユネスコ無形文化遺産)に指定された後世に残すべき祭事ですね。

「起し太鼓」は日本三大裸祭なのだそうです。

「裸まつり」というと、厳寒の凍てつく空気の中、下帯姿、ふんどし一丁だけを身に着けた男たちが大勢で激しい揉み合いを繰り広げるというものをイメージしますよね。

奈良時代に始まったという岡山の「西大寺会陽」、1000年以上の歴史を持つ「岩手の黒石寺蘇民祭」、「愛知の国府宮はだか祭」とお正月前後の1、2月に行われ、一年の福を求めて激しい争奪戦を繰り広げる。漠然とですけどね、そう思っておりました。

ところが岩手県奥州市の黒石寺蘇民祭が、祭りの中心を担う関係者の高齢化と担い手不足で2024年、今年2月の開催を最後に終了となりました。来年以降は儀式のみ執り行われることになったのです。

そういう事情もあって400年の伝統を持つ、飛騨に春を告げる古川祭の「起し太鼓」が日本三大裸祭に加わったのかもしれませんね。

他にも大分では秋の裸祭り、福岡ではお正月に「玉せせり」という神事があります。

「起し太鼓」の青龍組も担ぎ手が足りなくて、他の組から応援で参加してもらっていることをリーダーさんがご挨拶で話され、後世に残していかなければ、という思いがひしひしと伝わってきました。若い人は都会へ出て行き、田舎には年寄りばかり。どこも同じですねぇ。

 

「起し太鼓」巡行の前には「とんぼ」という余興がありました。3mくらいの高さの太鼓の柱に登り、お腹で体を支えバランスをとる姿が蜻蛉に似ているということなのでしょう。

疫神を送り鎮めることを目的とした祭事です。

からくりには「山車からくり」と「座敷からくり」があります。 「山車」は神が出現する機微を示す象徴で、からくり人形は神の具現として「山車」に設置されています。 山車からくりは、仕組まれた糸を操作し人形を操る糸からくりと、ゼンマイ、バネなどを駆使して操る放れからくりがあります。

山車&屋台の祭礼には京都祇園祭、博多祇園祭秩父夜祭、岐阜高山祭、近江長浜曳山祭が有名ですけど、飛騨古川祭も山車が9台曳揃う20日の朝は圧巻です。

9台の山車名は、神楽台・白虎台・鳳凰台・龍笛台・三番曳台・三光台・清曜台・金亀台・麒麟台・青龍台。

古川の山車は東西文化が巧く取り入れられ、絢爛豪華で見ごたえがありました!

羽織袴姿や巫女さん姿の少女、お稚児さんの行列も時代絵巻を見ているよう。

当日はJR高山ー古川間で臨時列車が運行されていました。

 

福善寺蕎麦屋さんでよもぎとろろ蕎麦(冷)と名物ごぼ天をいただいてみました。

 

 

 

 

風雅な祭典*飛騨古川祭

薫風かおる?というよりも突風にのって黄砂の舞う中、はじめての古川祭に行って来ました。

古川祭は、日本三大曳山祭といわれる京都の祇園祭・埼玉の秩父夜祭高山祭にも負けないくらい大規模で雅なお祭でしたよ。

仮装衆と呼ばれるパフォーマンスと、それを囃し立てる行列がみごと。からくりにあわせて小学生から中学生くらいの男の子の演奏が山車の前で披露されていました。

からくり人形は神の具現として「山車」に設置されています。 

古川の古い町並みは白壁土蔵に水路とおおきな錦鯉が。

祭りの山車は、神が降りてくる依り代として用意されたもの。 

桜と月。川沿いには桜が満開。

唐子がハシゴを持って福禄寿に歩みよります。

福禄寿の肩にのり、花ふぶき。左手の亀をよーくご覧ください。

あっという間に亀が鶴に早変わり。

小京都の風情が残る町並みは間口が狭く、建物は奥に長い特徴が。

19日の夜行われる「起こし太鼓」は日本三大裸祭にも数えられているという、勇壮で昼の“静に対し、男衆の“動”の力強い祭で司会の方がなんども「やんちゃ祭を最後までおたのしみください」と繰り返すほど。

幸運にもお昼の青龍組のからくり屋台(青龍台)を間近で見ることができました。

飛騨古川祭の山車からくり屋台は、1600年代に京都から高山へ伝わり、その後1700年代に入って飛騨古川に伝わったとアナウンスがあり、唐子がハシゴに乗り七福神の福禄寿の頭を剃ると、左手に持っていた亀が鶴に早変わりするという演目。花吹雪の量も惜しみなく次から次へと。観客は大拍手で、「高山祭よりもいい!」なんて声も聞こえてきたほど。💦

でもたしかに素晴らしい。

からくり台には2つあって、もうひとつは麒麟台。時間と場所がそれぞれ異なるので町の中を移動して歩きました。

「山車」はなぜ「山」の車なのでしょうか?それは、自然の山岳を模して作られたものだから。神様は山岳や山頂の岩や木に降臨すると感がられたため、山車はお祭りのあいだ神様を招き入れ、滞在していただくために作られました。その後、神様がもっと喜ぶよう、華やかな装飾がほどこされ、奏者や演者が乗れるようになり、町内を巡れるよう車輪が付けられていくうちに、今の形になりました。

「お祭り」って何?日本人は何故お祭りに情熱を燃やすのか?

 

 

 

山車から派生した「太鼓台」にも同じく車輪が付けられていますが、太鼓を叩く、担ぎ棒が付けられているなどの特徴があるようです。

次回は日本三大裸祭*「起こし太鼓」をご紹介します。

花々の舞台裏をスマホに

はてなスマホ写真部*今月のお題

お題「花々の舞台裏をスマホに収めました」

大雨にも負けず、凛として。花びら散らさず踏ん張ってるよ。

一日雨でしたのでフキ味噌入りのおやきと苺大福もどき💦を作ってみました。

 

 

フキノトウの天婦羅もそろそろ終わり。筍の酢味噌和えと天婦羅、筍ご飯も炊いてフキノトウ尽くしの日。

おやきの材料は強力粉100g、薄力粉100g、塩小1、フキ味噌、こしあん、熱湯、サラダオイル少々です。

フキ味噌とこしあんを入れた❝おやき❞です。どちらも初めての手作り。苺大福は薄皮がうまく包めなくて失敗だったけど、お味は美味しくできました。材料は3種類。上新粉100g、こしあん、苺、熱湯があればできます。あと片栗粉を少し。

参考サイトはKurashiru様の「レンジで苺大福」。うちの猫さんも苺大福に飛びついて食べましたよ。こしあんが好きみたい💦

 

 

2月に送り出したキジトラさんの里親様から近況報告の添付メールが届きました。すっかり先住猫さんとも馴染んで元気にしているそうです。

  

気持ちよさそうにソファの上でお昼寝の写真と先住猫さんと一緒にひなたぼっこしている写真の2枚。

ありがとうございました。    

 

 

インスタ映えの美濃まつりとプラットホーム

今週のお題「外でしたいこと」

美濃祭りの日は八幡神社から、うだつの町並みを抜けて最終的には旧名鉄美濃町線の美濃駅まで4時間歩き回りました。暑かったですけど天候に恵まれ、青空に大小ピンクの大輪が咲き、本当に見事でした。こういうのをインスタ映えというのでしょう。

花みこし担ぎ手のみなさん、雨じゃなくてよかったですね。お疲れさまでした。

名鉄美濃町線の美濃駅

長良川鉄道美濃市駅」から徒歩3分。平成11年、路線廃止にともない90年の歴史に幕をおろしましたが、駅舎とゆかりのある「モ512号」「モ601号」「モ593号」の路面電車3両、プラットホームはそのまま保存されています。

2019年5月、この駅舎の前には野口五郎さんの「私鉄沿線」の歌碑が建てられました。ファンの方には聖地ですよね。

作曲は実兄の佐藤寛さんです。

「博多みれん」はデビュー曲。

レトロな町並みにあう赤いポスト*現役です。

神社でスタートを待っていると横にCNNのロゴ入りのカメラ機材を肩にのせて撮影しているおにいさんがいました。CNNって国際ネットワークと直結している日本語ニュースサイトが取材?!……ん?

ケーブルテレビだったのかもしれませんが、私のブログをご覧になった方が来年観光で訪れてくだされば嬉しいです。美濃ってけっこう日本料理屋さんが多くて驚きました。

お花見弁当を販売されていた「八幡屋」さんの他に「割烹朝田屋」「辰巳家」「郡上屋」「山水本店」「肉の喜楽」「郷土料理瓢麓苑」「甚五郎寿司」「美ろ久」「お料理ふるさと」「郷土料理いずみ荘」と和食処が。お蕎麦屋さんや洋食屋さんもありました。古民家を改装した「Cafe+Bar Ricca」はコーヒーブレイクに。

美濃まつりは毎年4月の第2土曜と日曜日に行われます。

 

今週のお題」の外でしたいことは、ハイキング。
外反母趾の悪化で登山はおろか、長時間の散策さえ厳しい足になってしまいましたので、それでも天候の良い日には車に頼らず、歩きたいと思います。

プロバイダ移転にともない、過去のHPで紹介した登山やハイキングの紀行文を、こちらのブログで少しずつUPしていけたらと考えております。

元気に歩き回っていた頃を懐かしみたいのです。また、お付き合いくださいませ。

 

春を呼ぶ花神輿とめ組の人

4月の第2土曜に催される美濃まつり2024に行って来ました。1週間前、ブロガーさんが祭りを紹介されていて「わぁ!きれい」と思ったのがきっかけ。当日は晴天で気温は27℃と初夏並みの暑さでした。

カフェに入って座りたいと思ってもお祭りは住民総出?でおみこしを担ぐため休業の看板が目立ちましたね。こんなお祭りがあったんだ、知らなかったわ。もっと知名度をあげてもいいんじゃないかな?ということで今日は「美濃まつり」をご紹介しますね。

美濃まつり

美濃まつりは、「花みこし」「山車」「流し仁輪加(にわか)」の3部からなる八幡神社の祭礼。花みこしは、美濃和紙の産地らしく桜色に染めた和紙の花をつけた“しない”を250~300本みこしの屋根に取り付けたもので、土曜日には、大小あわせて30余基の花みこしが市内を練りまわります。その姿は、まるで美しい桜の花が乱舞しているようです。日曜日には華やかな6輌の山車と練り物が市街地に繰り出します。

トップは女性陣・め組の花みこし!

うだつの古い町並み・おみこしが町内に入ってきました。

幡屋さんではお花見弁当を販売していましたよ。

14日の日曜日は6輌の山車と練り物。スタートは午後 1 時です。お時間のある方は是非まつり見物に出かけてみてください。

八幡神社

一説では平安時代末期、美濃源氏一族の上有知氏が氏神として創建したという。土岐氏累代の崇敬篤く、永徳2年(1382年)に土岐頼康よる社頭の造営があった[1]。その後、天正16年(1588年)に領主佐藤幸政による社領寄進があり[2]慶長10年(1605年)、飛騨高山藩主であった金森長近が養子の金森可重高山城を譲り、小倉山城に隠居する際に、上有知の産土神とされた。

美濃流し仁輪加は国の選択無形民俗文化財に指定されている。 wikiより

アクセス

長良川鉄道美濃市駅」から徒歩約10分。岐阜バス岐阜美濃線「うだつの町並み通り」下車、徒歩1分。東海北陸自動車道美濃ICから、国道156号経由で約5分。

駐車場 有・全部で200台(ふれあい広場駐車場(100台)、美濃市役所など)

日本初の自動運転バスとボルガライス

福井の旅 その3

福井県ソウルフード

ボルガライスの由来には大きく2つあるそうですよ。

イタリアのボルガーナという地方で食べられていた料理に似ている、ということから地方名をとり「ボルガライス」とした。

ボルガライスのオムライスの部分が、ロシアのボルガ川でそこをわたるイカダがトンカツという見た目から連想して「ボルガライス」とした。またはロシア料理に「ボルガ」という卵料理があるのでそこから名付けた。などなど。

で、福井県の地元の小学校の給食にも出されているという、ご当地グルメボルガライスを自宅で再現してみました。

こんな感じでしょうか?
お店によってオムライスの中身やトンカツのソースもバラエティーなのだそう。

 

左の画像は3月に金沢で英語の講師をされているパトリシアさんが手作りクッキーを2種類焼いてきてくれたものを再現してみました。醤油黒胡麻の和風クッキーですが、ビターチョコを隠し味にいれているそうです。うちにはクーベルチョコしかなかったのでそれで代用しました。

デミグラスソースの材料2人前*ケチャップ大2、お好みソース大2、ロゼ大4、砂糖小4、特選丸大豆しょうゆ小2,バター少量、生クリーム適量

かきまぜてレンジでチン♪

 

南条SAでは押し寿司タイプのボルガライス「どこでもボルガライス」990円で販売しています。ボルガライスの押し寿司は食品革命。目からウロコの商品ですね。

 

 

北陸へ行くのなら「自動運転バス」に乗りたい。という主人の我儘に付き合って小松駅から小松空港の路線を乗ってみました。15人乗りで日本初の試運行バスです。

 

中はこんな感じ。バス待ちの1時間。小松駅Bikkeでレーズンバターサンドを注文。

ドラマ「不適切にもほどがある」では過去と現在をつなぐ自動運転バスはマネキン人形でしたけど、試運行なので人間の女性ドライバーが運転席に乗っておられました。

うーーん。人が運転席に座っていなければ未来カーに思えるけど。💦

今年限定?紫式部羽二重餅がかわいいパッケージ。焼き鯖寿しはお留守番の猫さんたちへのお土産です。

 

北陸へ行くと買ってしまう、海鮮は「一乃松」さんで。富山なら「ますの寿し」。

 

「道の駅 越前たけふ」ではマグロの解体ショー  外は暑かったです。💦

「聞いたことがあっても降りたことがない駅」

福井の旅 その2

大河ドラマ「光る君へ」の影響もあって紫式部ゆかりの地を訪ねてみました。

源氏物語の作者である紫式部が生涯で唯一、京の都を離れて暮らしたというのが福井県越前市。暮らしたのは1年余りと伝えられています。紫式部公園は全国で唯一の寝殿造庭園で、このお隣には「紫ゆかりの館」がありました。雅な資料館です。

紫式部国府資料館「紫ゆかりの館」

場所:福井県越前市東千福町21-12

営業:9:00~17:00 月曜定休日   Pあり

 

   *****************

 

「たけふ新駅」は

福井鉄道福武線の駅で2005年越前市となったことを踏まえ、2010年3月に「武生新駅」から「越前武生駅」に改称されました。

さらに北陸新幹線の「越前たけふ駅」と同じ読みであり混乱を招かないようにとして2023年の2月に駅名を「たけふ新駅」と改めました。

駅名変更案には旧駅名の「武生新駅」のほかに、「福鉄たけふ駅」「福鉄えちぜん駅」「菊花たけふ駅」「越前府中駅」の合計5案があり、投票数が多かった「武生新駅」について福井鉄道越前市が協議。「武生」を「たけふ」とひらがな表記にすることが決まったという、なんとも数奇な運命を辿ってきた駅舎です。

夜間停泊設定駅でもあります。

ひらがな表記にした理由について、福井鉄道は「武生という地名は県外のお客様に馴染みが薄く難読であるため」ということらしいのですけど、そんなことない。ない。

「武生」といえば❝めがね❞というくらい他府県民からみても有名です、よね?

鉄印帳プロジェクトに参加されてはどうでしょうか。

こちらが3両編成のラッピング列車(F1004)

 

前置きが長くなってしまいました。💦

「聞いたことがあっても降りたことがない駅」行って参りました。

「たけふ新駅」周辺に飲食店は ほぼなくて、すぐ近くに喫茶「かくれんぼ」

立体駐車場(武生駅北パーキング)の先に居酒屋の「魚民」さん。

(ふくてつ「たけふ新駅」からJR武生駅ロータリーのところまで300m弱歩きました)

お店の入口左には昔の銭湯のような下駄箱があり、通されたお部屋は掘り炬燵風の個室でした。ランチメニューもありましたが、越前おろし蕎麦を頂いてみました。

どうもごちそうさまでした。

 

 

 

 

福井の旅 その1

nekonoongaeshi.hatenablog.com